くらしにプラス、スマイル

header

事業のスタンス

地域住民に配慮した魅力のあるにぎわい拠点として街づくり
olinasは、墨田区の都市計画マスタープランに則り、魅力あるにぎわい拠点の形成を街づくりの目標としています。
商業・オフィス・住宅の多様な機能を集約した魅力的な施設を導入するとともに、歩行者ネットワークを形成し、にぎわいと回遊性のある快適な都市環境の創出を通じて地域の活性化に寄与します。

複合開発によるにぎわい拠点づくり
副都心エリアにふさわしい複合機能による集積を図るため、先端的な業務施設、モールを中心とした商業施設、都心近接の都市型住宅を導入し、魅力的な複合施設を形成しています。特ににぎわいの中心となる大型商業施設については、吹抜けモールを中心に歩行者動線に沿って低層部に配置し、地域住民の生活利便性の向上に貢献いたします。

オープンスペースによる歩行者ネットワークの創出
周辺地域に開放された広場や建物のセットバック、中央を南北に貫通する自由通路等の歩行者空間の確保により、歩行者ネットワークを創出、地域の回遊性、利便性、さらには安全性の向上を図ります。
また、交通の円滑化に有用な敷地外周道路については、拡幅整備も施しました。
さらに隣接する錦糸公園内に東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅出入口を請願により設置し、来街者・地域住民による公共交通機関の利用への利便性も図ります。

防災と安全への配慮
広域避難場所である錦糸公園と連携し、計画地北側地区からの避難誘導に役立つ自由通路(防災貫通通路)を整備。
またオープンスペースの確保により避難場所としての機能も果たします。

footer

pagetop